高齢者講習

高齢者講習のご案内

高齢者講習とは、運転適性指導を通じて、加齢に伴い生ずる身体の機能の低下を自覚して安全運転を続けていただくための講習で、運転免許証を更新する際の年齢が70歳以上または、免許の有効期限が切れ(失効)再び免許を取得する際の年齢が70歳以上の方に対する講習です。

講習の概要

運転免許の有効期間の満了日における年齢が70歳以上、または、運転免許を失効させ、免許申請書を提出する日における年齢が70歳以上の方に対する講習で予約制で行われます。

※テストではありません。

※講習が終了すると、自動車学校から「高齢者講習終了証明書」が発行されますので、免許証の更新のときに免許センター窓口に提出してください。尚高齢者講習を受講すると更新時講習受講の必要はありません。

予約方法

「高齢者講習通知書」が届きましたら、指定された期間内に受講できるよう、通知書に記載されている指定自動車教習所に電話で予約をしてください。

受講日時は、各教習所から案内を受けてください。

※講習日、および開始時間は各教習所ごとに計画しているものです。

講習の内容

免許の種類 小型特殊免許以外の保有者 小型特殊免許のみの保有者
座学指導 安全運転の知識についての講議 安全運転の知識についての講議
適性診断 運転操作検査機材による適性診断 運転操作検査機材による適性診断
実車指導 実際に車などを運転しての指導 -
講習時間合計 3時間 2時間

必要書類等

必要なもの 注意事項
高齢者講習通知書 忘れずにお持ちください。
運転免許証 忘れずにお持ちください。
筆記用具 忘れずにお持ちください。
眼鏡 使用される方は忘れずにお持ちください。

講習手数料

免許の種類 小型特殊免許以外の保有者 小型特殊免許のみの保有者
手数料:75歳未満 5,600円 2,250円
手数料:75歳以上 5,850円(講習予備検査料650円含む) 2,900円 (講習予備検査料650円含む)

受講期間

免許の有効期間が満了する日の3ヶ月前から有効期間が満了する日まで

※特例更新(更新期間前の更新)手続きをされる場合は、申請日の6ヶ月前から受講期間となります